水素水で健康に

水素水の効果で最も期待されているのが健康の維持・促進作用です。

水素水には万病のもとと言われる活性酸素を取り除く効果があるほか、血行不良や肥満など病気につながるさまざまな症状を改善するはたらきがあり、万能の水として注目を集めています。

実際、水素水の健康効果は研究論文としても発表されており、2007年5月に発行されたアメリカの科学雑誌では、日本医科大学大学院の教授らが「がんや多くの生活習慣病を引き起こすとされる活性酸素を、水素ガスで効率的に除去できることを動物実験で突き止めた」とまとめられています。

この論文の発表以降、水素水の健康作用への関心が高まり、現在は世界中で医療分野への活用が研究されています。

水素水は優れた抗酸化作用や血行促進作用により、さまざまな疾患を予防する効果を発揮します。

高血圧予防

体内で活性酸素が増加すると、血中に大量の過酸化脂質が発生し、サラサラだった血液がドロドロになってしまいます。

血行が悪くなると臓器や細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなるほか、ドロドロ血液が血管の内壁を傷つけ、動脈硬化が発生。

動脈硬化によって血管がもろくなると血圧が上昇しやすくなり、やがて脳梗塞や心筋梗塞など重大な疾患を引き起こす要因となります。

水素水には、過酸化脂質を生み出す活性酸素を除去するはたらきがあるため、高血圧を根本から予防することができます。

メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に高血糖や高血圧、脂質異常症のうち2つ以上を併発した状態のことです。

メタボリックシンドロームは別名「死の四重奏」とも呼ばれており、長期化すると狭心症や脳出血、糖尿病の合併症などさまざまな疾患リスクが高まることで知られています。

水素水にはメタボの要となる内臓脂肪の燃焼を促す作用があり、肥満の解消や生活習慣病の予防に役立ちます。

アレルギー症状の緩和

アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が起こると、異物の侵入を防ぐために大量の活性酸素が発生します。

増えすぎた活性酸素は正常な細胞も傷つけるようになり、炎症が広がってアトピー症状の悪化につながってしまいます。

水素水を摂取すると、増えすぎた活性酸素が減少し、炎症が抑えられるので、肌荒れやかゆみなどの症状を緩和することができます。

また、水素水配合の化粧品を肌に塗ると、細胞賦活作用によって肌バリア機能が活性化し、アレルギーに負けない強い肌作りに役立ちます。

効果・効能

ダイエット 健康 美肌作り

このページの先頭へ