水素水ダイエットの効果

最近、女性を中心に注目を集めているのが水素水ダイエットです。

ダイエットと言うと、つらい食事制限やハードな運動を続けるというイメージがありますが、水素水ダイエットは水を飲むだけという手軽さながら、効率の良いダイエットをサポートしてくれるところが特徴。

しかも、単にダイエットになるだけでなく、二次効果として健康維持にも役立つことから、まさに一石二鳥の理想的なダイエットと言えるでしょう。

水素水ダイエットの効果は、大きく分けて以下3つのポイントにしぼられます。

内臓脂肪の燃焼

ひと言に脂肪といってもその種類は脂肪の付き方によって皮下脂肪と内臓脂肪の2つに分類されます。

このうち、特に厄介なのが臓器回りにつく内臓脂肪で、皮下脂肪に比べて落ちにくい上、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を引き起こす原因となります。

内臓脂肪は脂肪や糖を分解してエネルギー源とする小細胞器官「ミトコンドリア」によって燃焼されますが、ストレスがたまっていたり、食生活が乱れていたりするとミトコンドリアの機能が低下し、代謝が悪くなってしまいます。

水素水には、細胞内のミトコンドリアのはたらきを活性化させる作用があり、内臓脂肪の燃焼率がぐんとアップ。

その効果はウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動を上回ると言われており、効率の良いダイエット効果が期待できます。

血液のサラサラ化

人間の体内を流れる血液はもともとサラサラと滞りなく流れており、各器官に酸素や栄養素を運搬したり、余分な老廃物や水分を回収する役割を担っています。

しかし、体内で活性酸素が増加すると、血液中のリン脂質やコレステロールが酸化し、悪玉コレステロールが増加。サラサラだった血液がドロドロになり、血行が悪くなって基礎代謝が大きく落ち込んでしまいます。

代謝が低下すると脂肪が燃焼しにくくなるほか、体もむくみやすくなり、ますます太りやすい体になってしまうのです。

水素水を飲用すると、強力な抗酸化作用が活性酸素を除去し、ドロドロ血液をサラサラの状態に改善することができます。

腸内環境の改善

女性に多い便秘はダイエットの天敵で、放っておくと下腹がぽっこり出てしまうのはもちろん、基礎代謝が低下し、太りやすく、痩せにくい体になってしまいます。

水素水を飲むと全身の血行が良くなり、冷え症状が解消。その結果、腸のはたらきも活発になり、たまっていた老廃物を排出するデトックス効果が期待できます。

また、人間の6~7割は水分で構成されているため、こまめに水素水を飲むと体内の水分循環率がアップし、むくみも改善することができます。

効果・効能

ダイエット 健康 美肌作り

このページの先頭へ