ドクター水素水

ドクター水素水は、水素をたっぷり含んだ水素豊富水を家庭で自作できる画期的な商品です。

ほかの水素水スティックに比べて水素発生量が多いこと。また、21種類のミネラルまで補給できることから、口コミで話題が広まり、販売個数はなんと550万本を突破。

水素水としての品質は第三者機関からも認められており、日本サプリメント評議会や日本医学交流協会医療団から承認や認定を受けているほか、東京都食品衛生協会水質基準もクリアするなど、信頼度の高い商品となっています。

ドクター水素水の特徴

ドクター水素水の人気の秘密は大きく分けて3つあります。

最大2.4ppmの高濃度水素

一般的な水素水の水素濃度は0.4~1.0ppm程度が目安となっていますが、ドクター水素水はその2~6倍に相当する2.4ppmという高濃度を実現しています。

さらに、人間に必要な五大栄養素のひとつであるミネラル分も多く含んでおり、1本で21種類ものミネラルを手軽に補給できるところも大きな特徴です。

1本で6ヶ月使用可能

ドクター水素水は何度も繰り返し利用できるのはもちろん、継続期間も1本あたり6ヶ月と非常に長く、市販品よりもコストを大幅に節約することができます。

ドクター水素水のスティックは1本あたり4480円なので、1日2Lを利用した場合のコストはなんと約25円。

ベースの水も水道水でOKなので、家計に負担をかけずに高濃度水素水を作ることができます。

メンテナンス不要

従来の水素水スティックは水素生成後に化合物が残留してしまうため、月に1回程度、酢などを使って洗浄する必要がありました。

その点、ドクター水素水はスティック洗浄などのお手入れが一切必要ないので、忙しい方でもストレスなく利用することができます。

ドクター水素水の価格

ドクター水素水は3~9本のセット販売のほか、便利な定期購入も用意しています。

定期購入

ドクター水素水1箱3本セットを6ヶ月ごとに自動配送するプランです。

価格は13440円(税抜)で、送料・手数料は一切不要。2回目以降は注文手続きの手間もないので、リピーターの方におすすめのサービスとなっています。

また、定期購入でありながら継続回数のノルマなどが一切なく、いつでも一時休止・解約することができます。

通常セット販売

ドクター水素水をまとめ買いできるプランです。

スタンダードな1箱3本セットのほか、2箱6本セット、3箱9本セットの3種類をラインナップしており、ニーズに合わせて好きなプランを選択できます。

価格はいずれも税別で、1箱が13440円、2箱が26880円、3箱が40320円となっています。

送料や代引き手数料も無料なので、純粋に商品代金だけで購入できるところがうれしいポイントです。

ドクター水素水の口コミ・体験談

△水素水の良い商品を探していたのですが、どれも値段が高くて手が出ませんでした。

その点、ドクター水素水は繰り返し使えて経済的なので購入。ちゃんと水素が発生しているところが確認できるので信頼もできます。

こういうものは長く続けないとなかなか効果がわからないと思っているので、お手入れ入らずでコスパもいい商品を買えて満足しています。


△最初に飲んだ時はよくガスが出るという感じがありましたが、最近は体が慣れたのか、これといった変化はありません。

また、初めて使った時はちょっとスティック特有のニオイが気になりました。使い続けていたら気にならなくなりましたが、最初はていねいに洗浄した方がいいかもしれません。


△体調が劇的に変わったということはありませんが、これで作った水を使うと、いつものお茶がおいしく感じられます。

もちろんそのまま飲んでもおいしいので、水分補給する機会が増えました。

水素の効果はこれから実感できるのかどうかわかりませんが、少なくとも水をよく飲むようになっただけでも買ってよかったと思っています。

ドクター水素水の考察・まとめ

ドクター水素水は手軽な水素スティックながら、最大2.4ppmという超高濃度水素水を作り出せるところが一番のポイントです。

一般的な水素水よりもはるかに水素濃度が高いので、従来品で水素の効果をあまり実感できなかった方も期待できる商品と言えるでしょう。

また、作り方が簡単なのはもちろん、メンテナンスいらずなので、いちいちお手入れするのが面倒という方にもおすすめです。

1本あたり6ヶ月もつという持続性を考えるとコストパフォーマンスも高いと言えますが、ネックなのは定期購入ならではの利点があまりないこと。

継続ノルマがないところは評価できますが、定期購入限定の割引もなく、送料・手数料0円はセット販売にも適用されるので、初回は1箱3本セットからの購入で十分でしょう。

水素スティック

ドクター水素水 PlasmaPraxis

このページの先頭へ