水素スティック(手作り水素水)

水素スティックとは、自宅で手軽に水素水を作れるスティック型のアイテムのことです。

水素水を自作するマシンとしては、水素水サーバーや水素水生成器などがありますが、これらは本格的な水素水を作れる反面、本体の価格が数万円~十数万円とやや高く、初心者が気軽に購入できないところが難点です。

その点、水素スティックはリーズナブルな価格で水素水を自作できるので、これから水素水生活を始めたいという方にもおすすめの商品となっています。

水素スティックの特徴

水素スティックはほかの水素水やサーバーなどに比べ、利便性や経済性などのメリットがあります。

水に入れるだけで作れる

水素スティックの中にはマグネシウムが入っており、水と混ざり合うと化学反応を起こし、水素が発生するしくみになっています。

そのため、水素水の作り方も簡単で、あらかじめ用意した水に水素水スティックを投入するだけ。

水素が発生した後は、スティックを取り出しても水の中に水素が残留しているので、できあがった水素水だけをそのまま持ち運ぶことができます。

何度も使える

市販の水素水は飲み終えたら処分してしまう消耗品ですが、水素スティックは使い捨てではなく、繰り返し使えるところが特徴です。

使用回数は商品によって異なりますが、スティック1本につき数ヶ月は続けて使用できるので、コストパフォーマンスに優れた商品といえるでしょう。

水素が抜けやすいという欠点も

水素は生成した瞬間から空気中に逃げてしまう性質があり、およそ数時間で水分中の水素が抜けてしまいます。

特に水素スティックの場合、自宅で手作りするので気密性が甘く、作っている最中から水素が抜けやすくなってしまいます。

また、自作した水素水の容器によっては、フタを締めても水素がどんどん逃げてしまうので、長時間の持ち運びには不向きと言えます。

代表的な水素スティック商品

水素スティックの種類はいくつも存在しますが、ここでは代表的な商品を2つ紹介します。

水素水生成スティック_PlasmaPraxis

還元力の高いマイナス水素イオンを作り出せる水素スティックです。

リーズナブルな価格でありながら機能性が高いため、一般ユーザーの方はもちろん、管理栄養士やプロトレーナーの方にも愛用されています。

ドクター水素水

発売以来550万本の売上げを記録した人気の水素スティックです。

従来品に比べて水素発生量が多い上、21種のミネラルまで放出することから、美容・健康の両面に役立つスティックとして話題を集めています。

関連商品

サーバー・生成器 水素水(アルミ缶、パウチ型) 水素サプリメント 水素スティック 水素水配合の化粧品 水素風呂 ペット用水素水

このページの先頭へ