水素水(アルミ缶、パウチ型)

初めて水素水生活を始める方にとって最も利用しやすいのが、アルミ缶やパウチ型といった個別包装の水素水です。

1本あたり200ml~500mlと小容量で扱いやすく、自宅でも外出先でも手軽に飲めるところが特徴。

価格も水素水サーバーや水素水生成器を購入するよりは安く済むので、まずは水素水がどんな物か試してみたいという方におすすめの商品となっています。

形状はアルミ缶やパウチ型のほか、ペットボトルタイプもあり、それぞれ特徴が異なっています。

タイプ別水素水の特徴

水素水の特徴は商品によって異なりますが、特に容器による違いは水素水の質を決める水素濃度と密接な関係があります。

アルミ缶タイプの水素水

一般的な清涼飲料水などに使われるアルミ缶に充填された水素水です。

アルミ製なので開封前の密封性は高く、生成から時間が経っても水素濃度が下がりにくいところが特徴ですが、飲み口が大きいため、一度開封してしまうと急速に水素が逃げていってしまうところが難点です。

また、容量も1本あたり200~300ml程度と少ないため、たっぷり飲みたい方や、長時間外出する方には不向きな商品と言えます。

アルミパウチ型の水素水

市販されている水素水のうち、最もスタンダードなタイプです。

容器が特殊な4層構造になっており、水素が抜けにくい仕様になっているので、ほかの容器に比べて水素濃度の持続時間が最も長いところが魅力です。

また、容量も500mlとボリュームがある上、飲み終えた後は小さくたたんで処分できるので、ゴミがかさばる心配もありません。

ただ、一度開栓してしまうと、その時点から水素が抜けていってしまうので、開封したら早めに飲みきってしまった方がよいでしょう。

ペットボトルの水素水

一般的なペットボトルに充填された水素水のことです。

容量が500mlと多く、容器コストも抑えられるところが特徴ですが、ペットボトルに使用されているPET樹脂は水素分子より大きいため、ボトルに充填した段階から水素が抜けていってしまいます。

特にペットボトル製品はボトリング→出荷→購入に至るまでの間にかなりの時間がかかってしまうので、手元に届く頃には水素が抜けきっていると考えてよいでしょう。

そのため、最近ではペットボトル製の水素水はほとんど流通していませんが、たとえ販売されていても購入は避けた方が無難です。

水素水の商品

単品の水素水は店舗やネットなどで数多く販売されており、バリエーションも非常に豊富です。

ここでは主要な水素水の商品をまとめてみました。

水素水SAYURA

産前・産後のダイエットにおすすめのマタニティ水素水として有名な商品です。

水素濃度は1.6ppmと業界最高レベルを誇っており、95%のユーザーがリピートする人気アイテムとなっています。

クリスタル水素水

数多くの水素水ランキングでNo.1を獲得している人気のアルミパウチ型水素水です。

日本名水百選の天然水を使用しており、水素濃度の高さはもちろん、水そのもののおいしさも味わえるところが特徴です。

浸みわたる水素水

発売からわずか180日間で23万本の売上げを記録した実力派のアルミパウチ水素水です。

高濃度の水素に加え、注目のミネラル「シリカ」を豊富に含んでいるところが話題を呼び、さまざまなメディアにも取り上げられています。

高濃度ナノ水素水 仙寿の水

発売から8ヶ月で100万本を突破した実績を誇るアルミパウチ水素水です。

ベースに霧島山水系の天然水を使用しており、一流シェフやソムリエも認める味と品質を兼ね備えた商品として、2014年度iTQi優秀味覚賞を獲得しています。

水素水サラスバ

水の都と呼ばれる熊本のおいしい水を使用した水素水です。

名水百選に選ばれた天然水をベースに、徹底した品質管理のもとで製造を行っており、安心・安全な水素水を工場直送で送り届けています。

関連商品

サーバー・生成器 水素水(アルミ缶、パウチ型) 水素サプリメント 水素スティック 水素水配合の化粧品 水素風呂 ペット用水素水

このページの先頭へ