水素水の日常生活での活用方法

水素水は、水分補給時に利用するのはもちろん、料理に使ったり、外出先に持ち歩くなど、日常生活のあらゆるシーンで上手に活用することができます。

ただ、誤った方法で使用すると水素水の効果が半減してしまう可能性があるので、水素水生活を始める時はいくつかのコツと注意点をよく確認することをおすすめします。

水素水をうまく生活に取り入れるためのポイントをまとめてみました。

水素水で料理

水素は熱に弱いため、約80℃を超えて加熱すると空気中に抜けてしまい、水の中にほとんど残りません。

そのため、料理に使用すると水素水としての効果は半減してしまいますが、水素水ならではの浸透力は料理に適しており、出汁がよく出たり、お米がふっくら炊けたりします。

また、野菜などに含まれるビタミンの多くは水溶性で、煮込み料理などに使用すると栄養分が水に溶けてしまいますが、水素水には栄養素の溶け出しを防ぐはたらきがあり、野菜の栄養をしっかり補給することができます。

水素水で洗顔

通常、洗顔する際は水道水を使用しますが、水道水に含まれているカルキには活性酸素を発生させる作用があるため、肌老化の原因となってしまいます。

一方、水素水にはカルキは含まれていないので、毎日洗顔に使っても安心。

むしろ、水素には活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、洗顔に使用すればしわやシミ、くすみといった年齢肌の予防につながります。

水素水でヘアケア

髪は太陽から降り注ぐ紫外線や、シャンプー・スタイリングなどに含まれる化学物質によってダメージを負っており、切れ毛や枝毛、細毛などのトラブルを起こしやすくなっています。

そんなときにおすすめなのが、水素水を使ったヘアケアです。お手入れ方法はとても簡単で、水素水を両手にとって毛先を中心にたっぷりなじませるだけ。

水素の還元力が髪に残った活性酸素を除去してくれるほか、乾燥した髪にうるおいを与えてしなやかな美髪へと導いてくれます。

水素水を生活で使用する際の注意点

水素水は通常の水と同じように手軽に使えるところが魅力ですが、水素水としての効果を保つためにはいくつか注意しなければならない点があります。

水素水を温めるのはNG

冬場など寒い時期には温かい水素水を利用したいところですが、水素は熱に弱い性質を持っているため、加熱すると大事な水素が抜けてしまいます。

実際、水素が水の中に溶存できる量は水温に依存することが確認されており、水温20度では100%溶存できるところ、水温60度では約40%。水温80度にいたっては溶存量がゼロになってしまいます。

以上のことから、水素水は常温以下で利用するのがベストと言えるでしょう。

水素水を持ち運ぶには

水素水はさまざまな形状で販売されており、代表的なものとしてはアルミパウチタイプやアルミ缶タイプ、ペットボトルタイプなどが挙げられます。

それぞれ容器のサイズや形が異なるのはもちろんですが、最も重要なのは水素濃度の違いです。

水素水は開封した時点から水素がどんどん抜けていくことで知られていますが、実は容器の素材によっては開封前でも水素が抜けてしまうことが確認されています。

実際、とある実験でアルミパウチとアルミ缶、ペットボトルの開封直後の水素濃度を検査したところ、アルミパウチの容器が一番水素が抜けにくく、逆にペットボトルはかなりの水素が抜けてしまったというデータが報告されています。

これはペットボトルの素材より水素分子の方が小さいためで、出荷当時は水素が含まれていても、実際に購入して飲用するときには水素がほとんど抜けてしまっているのです。

そのため、水素水を持ち歩く際はペットボトルではなく、密封性の高いアルミパウチタイプの水素水を選んだ方が賢明と言えるでしょう。

情報

飲み方 作り方 安全性 人気の理由 選び方・ポイント 詐欺・インチキ? 日常生活での利用方法 奇跡の水

このページの先頭へ