水素水の飲み方

水素水の魅力は、毎日水を飲むだけで健康・美容効果が実感できるところです。

面倒な手間ひまがかからないのはもちろん、無味・無臭の水なので一般的な栄養ドリンクや健康食品のようなクセがなく、誰でも飲みやすいところがポイント。

もちろんノンカロリーなのでダイエット中の方でも安心して飲めますし、日常生活に手軽に取り入れられるところが人気の秘密となっています。

ただ、水素水には正しい飲み方があり、誤った方法で飲んでしまうと効果が半減してしまう可能性があるので、初めての方は注意が必要です。

水素水を飲む時は、飲むタイミングや飲む量、水の温度などに気をつける必要があります。

水素水を飲むタイミング

水素水には大量の水素が含まれていますが、気体は圧力の高いところから低いところに逃げていく性質を持っているため、商品を開封した時点でどんどん水素が抜けていってしまいます。

どのくらいで水素が抜けきるかは商品やそのときの環境によって異なりますが、おおむね開封後6時間程度経過すると、水分中の水素がほとんど抜けきってしまうと言われています。

そのため、水素水は商品を開封したらなるべく早めに飲みきるよう心がけましょう。

もしサーバーなどで自作した場合は、500ミリリットルのペットボトルなどに小分けにすると水素が逃げにくくなります。

水素水を飲む量

人間の体の約6~7割は水分で構成されていますが、汗をかいたり、尿を出したりすることで一日に約2リットルくらいの水分が失われています。

そのため、成人であれば一日に失う水分と同量の2リットルを目安に飲むとよいでしょう。

ただ、普段から水分を摂る習慣のない方の場合、いきなり一日2リットルの水分を摂取するのは難しいので、まずは一日500ミリリットルの水分補給から始め、徐々に量を増やしていくとよいでしょう。

水素水の飲み方

水素水を飲む時に注意したいポイントは、主に2つあります。

まず1つは、常温で飲むこと。暑い夏場は冷水を飲みたいという方も多いと思いますが、冷えた水を体内に流し込むと体が冷える原因となり、夏場でも血行が悪くなってしまうおそれがあります。

一方、冬場はホットにして飲みたいところですが、水素水の品質はデリケートなので、加熱するのはNG。湯気と一緒に大事な水素も抜けてしまう可能性があるので、水素水は熱すぎず、冷たすぎない常温で飲むのが基本です。

そして2つ目は、こまめに飲むこと。水素水を飲む量は一日に2リットル程度と説明しましたが、一度に大量に飲んでしまうと胃腸に負担がかかり、体調を崩してしまうおそれがあります。

そのため、水素水を飲む量は1回あたりコップ1杯程度にとどめ、そのぶん飲む回数を増やしてこまめに水分補給するようにしましょう。

水素水の効果的な飲み方

水素水は医薬品ではないので、いつ、どのくらい飲むかは明確に定められていません。

ただ、より水素水の効果を実感したい場合は、まず起床時にコップ一杯分を飲むのがおすすめ。

私たち人間は就寝中にコップ一杯程度の汗をかいており、起床時は体内の水分量が適度に抜けているので、水分が吸収されやすい状態になっています。

また、起き抜けにコップ一杯の水を飲むと、眠っていた腸の運動が活発になるので、便秘に悩んでいる方はぜひ起床時に水素水を飲む習慣をつけてみましょう。

情報

飲み方 作り方 安全性 人気の理由 選び方・ポイント 詐欺・インチキ? 日常生活での利用方法 奇跡の水

このページの先頭へ