世界の奇跡の水は水素水

世界には「奇跡の水」と呼ばれる不思議な水がいくつも存在しており、その水を飲むと病気が治ると言い伝えられています。

奇跡の水は世界各国に数多く存在しますが、代表的なものとしては、フランス・ピレネー山脈にあるルルドの泉。メキシコシティの北に位置するトラコテの井戸水。ドイツ・デュッセルドルフの東にある洞窟内のノルデナウの水などが挙げられます。

また、日本でも大分県日田市の地中約1000メートルの水源から採取される「日田天領水」が健康効果のある水として重宝されており、ウォーターサーバーなどのサービスに多用されています。

ただ、これらの水の健康効果については、これまで典型的な民間信仰であると認識されており、科学的・医学的な根拠を指し示すものはありませんでした。

ところが最近になって、奇跡の水には水素がたっぷり含まれているという共通点が発見され、奇跡の水の謎を解明する鍵として注目が集まっています。

研究で判明した事実

奇跡の水に関する研究は現在もなお続けられていますが、その研究過程において、奇跡の水に水素水が含まれているという事実が次々に判明しています。

たとえばルルドの泉の場合、2002年に国内で放送されたテレビ番組内でルルドの泉を日本に持ち帰って分析してみたところ、豊富な水素が検出されたことが明らかになりました。

また、トラコテの水についても、通常の水の10倍以上にあたる1ppm/mlもの水素が含まれていることが確認されているほか、1996年には九州大学農学研究院の白畑教授がノルデナウの水に豊富な水素が含まれていることを明らかにしています。

さらに日田天領水に関しても、活性水素がたっぷり含まれていることから別名「天然活性水素水」と呼ばれており、健康増進に広く役立てられています。

奇跡の水が起こした奇跡

ルルドの泉やトラコテの水が「奇跡の水」と呼ばれるのは、実際にこれまで何度も奇跡を起こしているためです。

たとえば、聖母のお告げによってわき出たとされるルルドの泉では、130年間で約2500例の「説明不可能」な治癒例が申告されており、そのうち65例が「奇跡的治癒」と認定されました。

さらにトラコテの水では、述べ850万人以上が奇跡的な回復を体験。ウルグアイのモンテビデオ総合病院の発表によると、その治癒例はエイズ100%、アレルギー99%、皮膚疾患96%、消化器疾患91%など、まさに驚異的な回復率となっています。

そして日本の日田天領水については、日常的に水を飲用していた家族全員が健康になったという口コミのほか、医療現場でも活用。

実際にアトピー患者や慢性湿疹患者に対し、補助療法として日田天領水を与えたところ、500人以上の患者のかゆみや発疹が緩和されたことが確認されました。

奇跡の水に関してはまだまだ謎が解明されていないところも多く、今後の研究結果に期待が寄せられていますが、いずれの水にも豊富な水素が含まれていることから、奇跡の水と水素には密接な関係があるという説が有力視されています。

情報

飲み方 作り方 安全性 人気の理由 選び方・ポイント 詐欺・インチキ? 日常生活での利用方法 奇跡の水

このページの先頭へ