活性酸素と健康・美容の関係について

今でこそ活性酸素=害というイメージがありますが、もともと活性酸素は免疫に必要な物質のひとつで、体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退するバリア機能を備えています。

しかし、その後の研究により、活性酸素にはさまざまな種類があること。また、量が増えすぎると正常な細胞や遺伝子に傷をつけることなどが明らかになり、現在は健康・美容の両面にリスクをもたらす存在として認識されています。

では、活性酸素が増えると、健康と美容にどのような影響をもたらすのでしょうか?

活性酸素が増えると、健康を損なうと同時に、美容面でもさまざまなトラブルが発生しやすくなります。

健康との関係性

活性酸素には、さまざまな物質と結びついて酸化させるという性質があり、増えれば増えるほど体内の老化が進行していきます。

老化は体のあちこちに現れますが、特に健康と関係が深いのが血管の衰えです。

血管は本来弾力性に富んでおり、血液をスムーズに送り出す役割を担っていますが、活性酸素によって血管が衰えると、弾力性が失われて硬くなってしまいます。

これを動脈硬化といい、硬くなった血管内では血液がスムーズに流れなくなり、やがて血栓が発生。肥大化した血栓は血管を完全にふさいでしまい、最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞などの重大疾患を引き起こす要因となります。

また、血行不良は冷え性の原因となるほか、内蔵機能の低下にもつながるため、肥満やメタボリックシンドローム、腸内環境の悪化などさまざまなトラブルにつながります。

さらに、活性酸素が遺伝子情報に傷をつけると、細胞が突然変異を起こしてがん化し、胃がんや大腸がん、肺がんなどを発症するリスクが高くなります。

美容との関係性

生まれたての赤ちゃんの肌はハリ・ツヤがあってなめらかですが、年齢を重ねるとしわやたるみ、シミなどの加齢サインが徐々に現れるようになります。

これは、呼吸や紫外線によって発生した活性酸素がどんどん蓄積していること。また、活性酸素を除去する抗酸化力が年齢とともに衰えていることが原因で、放っておくとしわやたるみ、シミ、くすみが増える要因となります。

また、活性酸素によって体の機能が錆び付くと、基礎代謝が衰え、エネルギーの消費量が減少してしまいます。

すると、食事量は変わっていないのに体重が増えてしまったり、お腹周りに脂肪がついてしまったりと、太りやすい体になってしまうのです。

さらに、腸のはたらきが低下すると老廃物を排出するデトックス作用が衰え、むくみや便秘が起こりやすくなり、ぽっこりお腹や下半身デブの原因となります。

効果・効能

ダイエット 健康 美肌作り

このページの先頭へ