水素水の選び方・ポイント

水素水の商品は多種多様にあり、初めての方はどの商品を選べばよいのか悩んでしまうところです。

それぞれ価格が異なるのはもちろん、水素濃度、生成方法などにも差があるので、商品をひとつひとつ比較検討し、良質かつ自分のライフスタイルに合った商品を選ぶことが大切です。

では、はじめて水素水を選ぶ際、どんなところに注意すればよいのでしょうか?

水素水を購入する時は、以下3つのポイントを重視するのがおすすめです。

水素濃度

水素水を選ぶ上で最も重要なポイントが水素濃度です。

水素濃度とは水の中に溶けている水素の濃さを示す数値で、単位はppmで表します。ppmはパーツパーミリオンの略称で、100万分の1を表すことから、1ppm=1mg/Lとなります。

水素濃度は商品によって異なりますが、実は体内にある水素を完治するレセプター(受容体)は常に一定となっており、水素濃度0.4ppm以下の場合は水素濃度によって効果に変化が現れますが、0.4ppmを超えると水素濃度と効果は無関係になることが立証されています。

では0.4ppm以上の水素水を飲めばいいのかと言うとそうではなく、体内に取り込まれた水素の大半は呼気によって体外に排出されてしまうため、実際に使われる水素は全体の4割ほどしかありません。

そのため、効果に差が出るボーダーライン=0.4ppm以上の水素を取り込むには、水素濃度が1.0ppm以上の水素水を選ぶことが大切です。

生成方法

水素水の生成方法は商品によってまちまちで、工場で水分中に水素ガスを充填して出荷するものもあれば、水を電気分解して水素を発生させるサーバータイプのマシンも存在します。

それぞれに特徴がありますが、ここで重要なのはどれだけ効率よく水素を取り込めるかという点です。

たとえばペットボトルタイプの水素水の場合、ペット素材が水素分子よりも大きいため、工場から出荷されて手元に届くまでにかなりの水素が抜けてしまいます。

一方、自宅で水素水を作れる水素水生成器や水素水サーバーの場合、水素が作られてから実際に利用するまでのタイムラグが少なく、水素濃度が高いうちに飲むことができるので、より効率的に水素を取り込むことが可能となっています。

水素の持続時間

上記でも説明した通り、水素は開封したとたん、水分中から空気中に抜けていってしまい、どんどん水素濃度が低くなってしまいます。

そのため、一度開封した商品はあまり時間を置かずに飲みきってしまうのがベストですが、水素水の摂取目安量は1日2L程度とやや多いため、どうしても小分けに摂取する必要があります。

学術的にも、同じ量の水素水であれば、一度に飲みきるよりも複数回にわけて飲んだ場合の方が効果的であることが確認されていることから、水素水を選ぶ際は水素濃度そのものだけでなく、その持続時間もチェックする必要があります。

たとえば一般的な水素水サーバーの場合、水を電気分解して水素水を作り出しますが、この時に発生したエネルギーによって水圧が約30倍にまでふくれあがります。

気体は圧力の高い方から低い方に抜けていく性質を持っているため、水圧が高まると水素が逃げていくスピードも速くなり、持続時間が大幅に落ちてしまうのです。

そこで近年注目されているのが、水素水サーバーの不満点を解消するために開発された高濃度水素水製造器です。

従来の水素水生成器とは異なり、水そのものを電気分解しない分離生成方式を採用しているので、水圧を高めずに水素を発生させることが可能となっています。

実際の持続時間は生成器ごとに異なりますが、ある商品では生成から12時間が経過しても1.0ppm以上の水素が溶存していることが確認されており、自宅ではもちろん、外出先への持ち運びにも便利な水素水を実現しています。

情報

飲み方 作り方 安全性 人気の理由 選び方・ポイント 詐欺・インチキ? 日常生活での利用方法 奇跡の水

このページの先頭へ