水素水イメージ画像

水素水のあれこれ疑問を解消

水素水ってなんだろう

水素水とは、水素原子と水素原子が結合した分子水素を溶解させた水のことです。

無味・無臭・無色の水なので、一見すると普通の水とあまり変わりないのですが、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用に優れていることから、2013年より臨床研究が開始されています。

また、活性酸素は肌の老化や生活習慣病とも密接な関係があることから、近年は一般人の間でも健康・美容に役立つ水として人気が急上昇。

実際、アスリートやモデル、芸能人も多く愛用していることから、毎日の生活に水素水を取り入れる方が増えてきています。

水素水の効果・効能が知りたい

水素水には健康・美容面でさまざまな効果があり、性別や年齢にかかわらず、幅広い世代から支持されています。

ダイエット効果

近年、女性を中心に話題を集めているのが水素水ダイエットです。

水素水を飲用すると、内蔵脂肪の燃焼を助けたり、乱れた腸内環境を整える効果があることから、手軽なダイエット法として注目されています。

健康効果

水素水には生活習慣病の原因となる活性酸素を除去するはたらきがあり、さまざまな病気や体の老化を防ぐ効果が期待されています。

実際、水素水のもつ健康効果は世界中で研究されており、医療分野への応用が進んでいます。

美肌効果

強力な抗酸化作用をもつ水素水は、加齢やストレスによるしわ、たるみ、シミなどの肌トラブルを防ぐ手段として注目を集めています。

水素水の情報

水素水は有名人も愛用している人気商品ですが、実際に利用する際は、まずさまざまな情報をチェックし、正しい知識を得ることが大切です。

中でも特に注目したいのが、水素水の安全性や正しい飲み方です。

水素水は厚労省も認可しているので、信頼性は高いと言えますが、現在はさまざまなメーカーがたくさんの商品を開発・販売しているため、中には粗悪な品が含まれている可能性もあります。

特に誇大広告や粗悪商品、マルチ商法などが横行している現在、下調べをせずに商品を購入してしまうと、思わぬ詐欺やインチキに引っかかってしまう可能性があるので、初めて購入する方は注意が必要です。

また、水素水は専用のアイテムを使用すれば自宅で作ることもできるので、日常生活に取り入れたいという方は自作の水素水を検討してみるのもよいでしょう。

水素水の関連商品ってどんなのがあるの?

水素水に関連する商品はいろいろあり、それぞれに特徴があるので、自分の予算やライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

水素水サーバー・生成器

水素水を自宅で手軽に作れるアイテムのことです。

サーバーを設置さえすれば、あとはスイッチを入れるだけで簡単に水素水を作ることができるので、いちいち水素水を買ってくる必要はなく、手間ひまかけずに水素水を生活に利用することができます。

水素水(アルミ缶、パウチ型)

1回分の水素水が含まれている使い切りタイプの商品です。

水素水サーバーに比べると1回分のコストはやや割高ですが、持ち運びに便利なこと。また初期投資が安くて済むことから、まずは水素水を試したいという方におすすめです。

水素サプリメント

水素水を粒やカプセルなどに凝縮したサプリメントタイプの商品です。

アルミ缶やパウチ型に比べてさらに持ち運びやすい形状なので、出先や旅行先でも水素水を摂取したいという方から人気を集めています。

水素スティック

水素を含んだスティック型のアイテムで、水などに入れるだけで簡単に水素水を作ることができます。

繰り返し利用できるのでコストパフォーマンスも高く、自家製水素水をもっと手軽に活用したいというニーズに応えた商品と言えるでしょう。

水素水配合の化粧品

水素水は飲用するだけでなく、化粧品の配合成分としても利用されています。

水素水には活性酸素を除去する抗酸化作用があることから、主にアンチエイジングコスメとして販売されています。

水素風呂

その名の通り、水素水を使ったお風呂のことです。全身を水素水に浸すことで、美肌効果や健康効果を実感することができます。

最近はお風呂用の水素発生器などが開発・販売されており、自宅でも手軽に水素風呂を楽しむことが可能となっています。

ペット用水素水

近年は人間だけでなく、ペットの健康維持のために水素水を活用する方が増えています。

実際、ペット用の水素水も市販されており、ペットの成人病予防などに役立てられています。

水素水の種類

水素水とひと言にいっても、活性水素水や還元水素水、高濃度水素水など、その種類は多岐にわたっています。

中には呼び名が違うだけのものもありますが、種類によって効果・効能が異なることもあるので、自分の目的に合わせてぴったりの水素水を選ぶようにしましょう。

最新情報

2015年3月23日
PR
TOPページを更新しました。
サブコンテンツ

このページの先頭へ